留学にかかるお金ってどのくらい?

留学で気になる事は多々ありますが、費用がどれくらいかかるのかもまた、気掛かりな部分なのではないでしょうか。特にまだまだ自分自身で支払えるものではないでしょうから、どうしても親に出してもらう事になります。自分で出すのであれば気も楽でしょうが、親に支払ってもらう以上、ムダにならないよう頑張らなければといった思いはもちろんですが、やはりどれくらいかかるのかをお話しする際、知っておかなければならない点でもあるでしょう。

親に留学したいと告げたとき、「いくらかかるか解らない」と説得するのと具体的にどれくらいかかるのかを知っているのとではやはり話も違ってくるでしょうからね。では留学は具体的にどれくらいの費用がかかるのか。これは当然何処に留学するのかによって異なってくる部分ですが、根本的な問題として、そもそもどのような費用が必要になってくるのかを知っておく事も大切でしょう。留学の際に必要な費用としては、授業料、教材費といった学校でかかるもの。
そして食費や住居費といった現地での滞在費。

さらには現地に渡るための渡航費。保険料やお小遣いといったものも必要になってくるでしょう。ですから場所によって異なってくるのです。また、これは留学とは直接的な関係はないのですが、為替レートだって影響します。当たり前ですが、円高の方が費用はかかりません。アメリカであればドル、イギリスであればポンドになりますが、向うでかかる額はどのような時期でも同じくらいでしょう。ですが為替相場は常に変動しています。これによって支払額が変わってしまう部分もあります。不可抗力ではありますが、この点も考慮しなければならない点の一つです。

地域によっても変動するのですが、アメリカでおよそ50,000ドル、カナダで27,000ドルですから、一円を100円で考えると、アメリカが500万円、カナダで270万円になります。これが90円になると、アメリカで450万円、カナダで243万円になりますから為替もしっかりと考慮しなければならない部分なのかもしれませんね。イギリスで20,000ポンド、1ポンド130円で計算するとおよそ260万円といったように、国や地域によっていろいろと変わってくる部分ではあります。

下記のサイトでは、留学の際の費用について詳しく掲載していますから、ぜひご参考ください。
参考:留学の費用について|留学プランの見積もりは、留学プランネット
どの地域に留学するにせよ、それなりにまとまったお金が必要になってくるのは言うまでもありません。現地でどのようなライフスタイルを送るかでも違ってくるでしょう。

これらは、留学というよりも、「学生生活」と言い換えても良いかもしれません。留学先で友達が出来て毎日のように遊んでいるとなれば、当然ですがお金はかかります。ですが、友達付き合いもほどほどにして勉強に打ち込んだりアルバイトをするなど、出費を抑えればかかるお金も抑える事が出来るでしょう。留学は海外の学校に行く事ですが、基本的な部分は「学生生活」になるのですから、日本でのそれとそうそう変わるものではないという事が解るのではないでしょうか。これは費用以外の面でも言える事です。どのような生活を送るかによって滞在費等は変わってきますが、大まかな目安は先にお伝えしたとおりです。もちろん国によっても多少の差はありますが、あくまでも一つの目安としてご理解していただければ幸いです。