ビザってなんですか?

ビザがなければ留学できません

留学する際にはいろいろなものが必要になってくるのですが、ビザもその一つです。
ビザがなければ留学する事は出来ないのですが、そもそもビザとは一体何を意味したものなのでしょうか。海外旅行の経験があれば、ビザがどのようなものなのか解るかもしれません。また、海外に移住していた経験がある方であってもビザがどのようなものなのかご存知でしょう。あまり馴染みが無い人からすると、ビザはクレジットカードなのではないかと思うかもしれませんが、クレジットカードとは一切関係ありません。

入国許可証のこと

ではビザとは何か。ビザは、言うなれば「入国許可証」です。しかもこのビザ、いろいろな種類がありますし、国によって発行条件も異なっていますが、発行してもらえなければ留学はおろか、その地に足を踏み入れる事すら出来ないのです。

どのような目的であっても海外に出る際にはビザが必要になるのですが、ビザとパスポートを混同している人も多いようです。確かに海外に出るためには両方必要になりますので、ついつい誤解してしまっている人が多いのも仕方ない話ではあるのですが、パスポートは、日本が発行するものです。一方ビザは相手が発行するものです。

パスポートは日本が「この人は海外に行っても大丈夫です」と証明してくれたものです。だからこそ公的身分証明書となるのです。一方ビザは相手の国が「入国希望を許可する」といったものです。ですからビザとパスポートがまったくの別物だという事が解るのではないでしょうか。これは世界的なルールですので、日本に来る外国人は日本が発行したビザが必要という事です。

留学ビザとは

そしてビザは国によって様々ですが、留学する際に取得すべきビザは留学ビザになります。
就学ビザと称されているケースもあるのですが、日本ですと留学ビザと就学ビザの意味合いが違ってきてしまいますので、「留学ビザ」と覚えておくと良いでしょう。留学ビザの取得の場合、留学先の学校の証書が必要になります。旅行であれば短期間の滞在になりますので、ビザの審査もそこまで厳しいものではありません。

ですが留学となると、生活の基盤が外国に移る事になりますので、審査もそれなりに厳しいものになりますが、必要な書類が揃っていればよほどの事が無い限り発行してもらえますので、特に心配する事ではないでしょう。むしろ手間の方が問題でしょうね。ビザを発行してもらうためには、外国の大使館に赴かなければならないのです。

外国の大使館の場所は様々ですから、自分自身で調べなければならないのです。アメリカに留学したいのであればアメリカの大使館、中国に留学したいのであれば中国の大使館に出向かなければならないのです。

留学ビザの期限

また、留学ビザも期限が定められています。大学が4年だからという事でいきなり4年間の留学ビザが下りる事はないでしょう。むしろ4年もの長期間のビザを用意している国は珍しいのではないでしょうか。ですから、留学していてもビザの更新を行う事が必要になってきます。

ですが、例えば犯罪行為等に及んでいなければ、つまりは普通に学生生活を送っていればビザは発行してもらえます。例え学業の成績があまり良いものではなくとも、ビザの発行とは関係ない部分になりますので、その点は安心しても良いでしょう。成績が悪いという事でビザの発行を断れる事はないのですが、学校にあまり行っていないとなると話しは違ってきます。

つまりは普通に留学生として勉学に励んでいれば、ビザの更新や発行を断られる事はないという事です。
ビザについては、下記のサイトが非常に参考になるでしょう。

albs参考:ビザトラブルQ&A|ビザに関するトラブル等をサポートする、ALBS JAPAN

こちらのQ&Aのみでなく、手続きのための費用や具体的なトラブルの内容等について細かく書かれています。不安な要素がある方はこういったサイトを参考にして、あらかじめ知識をしっかりと身に付けておくようにしましょう。

>>国による取得条件の違い
ビザは国によって取得条件が異なりますから注意しましょう。