友達ができるか心配です

留学際で友達が出来るのかどうかが不安という人もいるのではないでしょうか。確かに留学して友達が出来るのかどうかによって留学生活がまったく違ったものになってくるでしょう。これは日本の学生生活でも同様ですが、友達がいればいるほど楽しくなるのが学生生活です。また、友達がいれば学業が大変な時でも分かち合う事だって出来るでしょう。学生生活は勉強だけではありませんが、それは留学も同じです。留学しても一日中学校に缶詰にされる訳ではなく、学園以外の部分での生活だってあるのですから、友達がいろいろな事をもたらしてくれるのです。

ですが外国です。友達が出来るのかどうか不安を抱くのも解らない話ではありません。むしろその点を楽観視出来る人の方が少ないでしょうが、留学先で友達が出来るかどうかは結局の所自分次第です。話しかけられるのを待っているだけではなかなか友達は増えないでしょう。ですから、積極的に話しかけてみるべきでしょう。初めは言葉が解らないかも知れません。ですが言葉が理解出来るようになれば打ち解けていけるでしょう。外国人だって同じ人間なのです。コミュニケーションさえ取れれば「外国人だから」というのは理由にはなりません。

また、留学先によっては留学生に気を使ってパーティーを行ってくれる所もありますので、友達を作るきっかけも用意してもらえますから、やはり自分次第という事になるのでしょう。話かけられるのを待ったり、自分の殻に閉じこもっていたり。これでは出来るものも出来ません。積極的に話しかけたり一緒に行動したり。言葉が解らなくとも、理解しようとする姿勢、伝えようとする姿勢。これが大切なことです。コミュニケーションの基本は意思疎通ですからね。ですがやはり言葉を喋れるようになっていた方が良いに決まっていますので、留学先で友達が出来るかどうかは、結局自分自身の外国語の能力に依存してくると言えるでしょう。

逆の立場で考えてみてください。もしも自分のクラスに外国人が転校してきたとします。堪能とまでは言わないまでも日本語が喋れる外国人であれば、友達にならない理由などないでしょう。一方、まったく日本語が喋れない。それでいて日本語を理解しようという姿勢を見せない。このようなスタンスではなかなか友達になろうとは思わないのではないでしょうか。

喋れないものの、喋ろうと努力している。日に日に上達している。そのような姿を目の当たりにすれば、多少言葉がおぼつかなくとも、友達として一緒に楽しみたいと思うのではないでしょうか。留学も同じです。自分自身の態度次第で周囲も変わるのですから、友達が出来るかどうかは、自分自身次第という事になるのではないでしょうか。「社交性がない」と嘆いている生徒もいるかもしれませんが、留学がそうした自分を打破するきっかけにもなるのではないでしょうか。