海外の大学へいくメリットはなに?

そもそも留学のメリット、つまりは海外の大学に進学するメリットはどのような点にあるのでしょうか。留学のメリット。これは数え切れないくらいあるでしょう。

まずは海外経験。グローバルな時代とされていますから、日本だけでは得られない価値観が必要になってくる事もあるでしょう。現地での生活は、短時間の観光では決して得る事が出来ない貴重な時間となるはずです。これだけでも大きなメリットでしょう。

日本を外から見ることができる

また、海外経験は日本の良さを改めて知る事が出来るようにもなります。日本にいると、本当の意味で日本の事を知る事は難しいとされています。
なぜなら、比較対象がないからです。比較対象が出来る事で初めて「日本」を客観的に見る事が出来るのではないでしょうか。実際、留学したメリットとして「日本の良さに気付けた」「日本人である事に誇りを持てるようになった」という声はとても多いです。

日本にいると当たり前と思っている事が、実は当たり前ではなくとても貴重なサービスだったり文化だったりといった事に気付く事は珍しくないとされています。日本では当たり前なのですから、その「当たり前」を貴重なもののように感じろと言われてもなかなか難しいものです。ですが日本を離れる事で、日本のどのような点が素晴らしい部分なのかを知る事も出来るでしょう。日本を「外」から見る事が出来る。これは紛れもなくメリットと言えるでしょうね。

活きた外国語に触れることができる

また、語学という点も見逃せません。先にこれからはグローバルな時代になるとお話しました。日本でも、日本の会社でありながら公用語が英語という会社も登場しています。これは、取引先が外国企業だったり外国人従業員がいたり、現地法人を構えていたりといったようにいろいろな理由が挙げられるのですが、英語に限らず外国語の習得はとても難しいものです。

付け焼刃ではなかなか覚える事が出来ないだけではなく、参考書を読むだけではなかなか「活きた外国語」を覚える事が出来ません。参考書片手に机に向かって勉強してみたものの、いざ外国人相手に話をと思ったら全然通用しない。そのようなケースも珍しくなかったりするのですが、留学で覚えた外国語であれば「活きた外国語」になりますので、通用しないという事はないでしょう。現地での生活では当たり前のように外国語を使う事になりますから、知らない間に言葉を覚えているという事も珍しくなかったりするのです。

価値観が広がる

そして一番のメリット、それは価値観を広げてくれるという点に尽きるでしょう。日本にいるだけでは気付けない事は多々あるとお話しました。日本の良さはもちろんですが、それだけではなく、例えば産業にしても日本ではそこまで発達していないものに触れるだって出来るようになる可能性もあるでしょう。日本では見かけないような事を垣間見る事で興味が沸いてくる。自分自身もその道に進みたいと思うようになる。そのような事は多々あるのではないでしょうか。

また、日本にもあるけれど外国の方が進んでいる事だってあるでしょう。留学する事で人生が変わったと感じる人も多いとされていますが、それは日本にはない「価値観」と触れ合うのですから当たり前と言えば当たり前の話なのかもしれませんが、それらは留学してみなければ解らない事です。

ですから、いろんな意味で「日本に居ては知れない事」を知れる。
これこそが留学のメリットと言えるでしょう。

海外の友達が増える

更には海外の友達が増えるのもメリットです。海外の友達、いろんな国の友達が増えれば、それだけいろいろな文化と触れ合う事が出来るという事です。これもまた、日本ではなかなか体験する事が出来ない経験でしょうから、留学が如何に様々なものをもたらしてくれるのかという事に気付かされるのではないでしょうか。

環境を変えることができる

また、環境を変えるという点。これもとても大きなメリットなのではないでしょうか。環境を変えようと思ってもなかなか簡単に変えられるものではありません。ですが留学であれば、文字通り「劇的に」変える事だって出来るでしょう。自分の事を知らない人たちどころか、そもそも言葉さえ通じない。そのような環境に身を置く事で、日本にいた時とは考えられないくらい考え方が広がったり、自分でも知らなかった自分と出会う事が出来るようになるかもしれません。こうした点もまた、留学ならではと言えるのではないでしょうか。