留学に必要な英語力はどのくらい?

留学先・学校によって異なります

留学するという事は日本語が通用しない環境に身を寄せるという事でもあるのですが、その際どれくらいの語学力が必要になってくるのでしょう。これは実は留学先次第です。厳しい条件、それこそTOEICでの高得点が入学条件の学校もあります。

toeic参考:世界共通の英語力を測定するテスト
本格的に英語のスキルを試したいなら、TOEIC

通常レベルの入試のケースもありますが、基本的には相手先が求める学力を有しているかどうかにかかっているでしょう。この点は日本の学校の「入試」と変わるものではありません。日本の学校もそれなりの成績が求められるものですが、留学先も同様です。試験形式の場合は、成績上位者、あるいは規定の得点を満たしているかどうかが問われてくるでしょうから、この点を満たしていれば留学する事が出来ます。

ですがこの点に関しては学校によって区々としか言えませんので、自分が留学を考えている学校の情報をよくよくチェックしてみるべきでしょう。実際留学している生徒の中には、自分がやりたい事を行えるかどうかという点はもちろんですが、自分の成績で入学する事が出来るのかどうかで判断しているケースも珍しくありません。学校に入る際、学校によって求める学力が異なってくるのは日本も海外も同じとう事です。

海外の大学は入試が簡単で卒業が難しい

また、書類だけで留学可能なケースもあります。留学だけならそこにするのが良いのではと思うかもしれません。ですが、これは日本の感覚でしかないでしょう。実は海外の大学は日本とは逆の所が多いのです。それは、入試が簡単でも卒業が難しいというシステムです。

日本の場合、どうしても入試偏重主義とでも言いますか、入ってしまえば卒業そのものは難しくないケースが多いのですが、海外の大学の場合、入るのは簡単だけど卒業が難しいものです。

そのため、書類審査だけで留学する事が出来るのであればそこが良いと安易に考えてしまいがちではありますが、入るのが簡単な分、卒業はとても難しいでしょう。軽い気持ちで留学をしたものの、必死に勉強して何とかついていけているという人もいれば、軽い気持ちで留学してしまったがために、結局留学先を辞める事になってしまったケースもあるようです。

その点では、日本での進学同様、自分自身の成績に見合った進路にすべきという事が言えます。試験勉強が全てではありませんが、試験で「難しい」と感じるような学校に留学しても、留学生活はかなりハードな勉強を強いられる事になるでしょう。もちろんそこで勉強すれば様々なものを吸収する事が出来るでしょう。

ですが実際に勉強するのはなかなか簡単な事ではありません。その点をよくわきまえておかなければならないでしょう。日本の感覚のように「入れば大丈夫」ではないのです。日本は入るまでが肝心かもしれませんが、海外の場合、入ってからが本番なのです。その点も頭に入れた上で、進路を選ぶべきでしょう。

留学生だから甘く見てもらえるだろうと思っている人もいるかもしれませんが、留学生を受け入れている学校の場合、留学生の扱いにも慣れています。「大丈夫だろう」「何とかなるだろう」と思うのではなく、自分自身の力で何とかしなければならないのです。