ブラジルの食文化って?

6月 20, 2016 at • Posted in 食事についてブラジルの食文化って? はコメントを受け付けていません。

ブラジルの多国籍な食文化

ブラジルの食文化は多国籍なものとなっています。
ブラジルは、世界の様々な国々から新しい土地を求めてきた方によって形成された国です。
そのため、食文化も様々な国の文化が混ざり合ってできたものになっており、独特な食文化を形成しています。

また、一つの国の食文化が他の国の方によってアレンジされて新しい形に変化することも多くなっています。
他の国の文化に似ていながらも、ブラジルならではの雰囲気が感じられる料理も多くなっています。
こうしたブラジルならではの食文化に触れてみるのもおすすめです。

現在のブラジルの食文化について

現在のブラジルの食文化は多種多様な印象がありますが、多くのブラジル人の方が朝はパン屋に買い物に行くというのが習慣となっています。
ブラジル語でパン屋はパダリアと呼ばれており、そこで朝食を購入して朝を過ごします。
多くの方に好まれているのが小さなサイズのフランスパンのようなポン・デ・フランセと呼ばれるパンです。
フランスパンならではのしっかりとした味わいが人気で、これに様々なものを挟んで食べるのもブラジル人の方に多い食べ方です。

挟むものは様々なアレンジがありますが、ハムやチーズ、サラミ、野菜など、好みに合わせて色々なものを挟み込んで食べることができます。
パダリアではパン以外にも様々なものを販売しており、肉類や加工食品、乳製品なども販売しています。
そのため合わせて購入してトッピングも自由に楽しめるようになっています。

ブラジルの方の昼食で人気が高いのが油ご飯です。
日本の定食のようなスタイルのメニューとなっており、白いご飯に豆、ポテト、野菜などがついたスタイルのメニューです。
また、付け合わせに様々なものが合わせて付けられることも多くなっており、ファロッファと呼ばれるものやキャッサバをフライにしたものも多くトッピングとして使われています。

ブラジル人の方は自宅で食事をすることもありますが、外食をすることも多いことで知られています。
そのため多くのレストランでは曜日ごとに日替わりのメニューが決められており、飽きずに楽しめるような構成になっています。

さらに、キリスト教の影響からか、昼食にはパスタを食べる方が多く、夜はピザが主流となっています。
アメリカからの影響もとても大きいですが、それだけではなく様々な国の文化を垣間みることができます。

特徴的なブラジルの食文化を学ぼう

このように、ブラジルの食文化はとても特徴的なものになっています。
ぜひあなたもその特徴的な食文化を知って、さらにブラジルを身近に感じてみて欲しいと思います。
多国籍な食文化から感じられたり、学ぶことができるものはとても多いです。

フィリピンの食文化って?

5月 18, 2016 at • Posted in 食事についてフィリピンの食文化って? はコメントを受け付けていません。

島々が集まるフィリピンの食文化について

小さな島々が集まってできているフィリピンでも、様々な特徴的な食文化があります。
こうした食文化について学ぶことでさらにフィリピンについて深く知ることができます。

フィリピン特有の様々な食文化

フィリピンの食文化で特徴的なのは、まずはマクドナルドにスパゲッティがあるということです。
これはマクドナルドがフィリピンに上陸した時の状況が関係しています。
フィリピンでは現地のスパゲッティのチェーン店がかなり人気が高く、マクドナルドでさえもその牙城を切り崩すことができませんでした。
そこからフィリピンのマクドナルドにはスパゲッティのメニューが設けられるようになり、ライバルとなるスパゲッティのお店に負けないラインナップを揃えたのがきっかけとなっています。

また、マクドナルドと並んで人気の高いケンタッキーにも特徴があります。
ケンタッキーでもライスがメニューに設けられており、フィリピンの方の食文化に合うようになっています。
フィリピンでは多くの方がライスを食事に楽しんでいるため、ケンタッキーもライスを用意しているのです。

さらに、犬を食べる習慣があるのも特徴です。
韓国や中国の方は犬を食べることで知られていますが、フィリピンも同様に犬を食べる習慣があるのです。
普段ペットとして犬を飼っている方にはショックですが、これも食文化の違いと言えます。

食事をする時のマナーはスプーンとフォークで食べます。
右手のスプーンを持ち、左手にはフォークを持つのが基本となっています。
フィリピンに旅行に行った際にはこうしたマナーを知っておかないとマナー違反で周囲の方に少し不思議な顔をされてしまう可能性があるので気をつけておくと良いでしょう。

意外に人気となっている食べものもあります。
それが、日本で販売されているシーフードヌードルです。
日本でも長年に渡って親しまれているカップラーメンですが、フィリピンの方の味覚にもしっかりとマッチする味わいのようです。
普通にスーパーでも販売されており、現地で生活している日本人の方も、フィリピン人の方にも好評となっています。

日本で働いているフィリピンの方も多いですが、こうしたフィリピン人の方は日本で購入したシーフードヌードルを母国に送り、家族の方にも楽しんでもらっているようです。
何気なく食べているシーフードヌードルがフィリピンで人気というのは驚きですね。

フィリピンをさらに知ろう

このように、フィリピンにはたくさんの特徴的な食文化があります。
こうした食文化を知ることでさらにフィリピンについての理解を深めることができますし、さらにフィリピンに興味を持つきっかけになります。
ぜひあなたもフィリピンの食文化を知って、フィリピンを楽しんで欲しいと思います。

モンゴルの食文化って?

4月 25, 2016 at • Posted in 食事についてモンゴルの食文化って? はコメントを受け付けていません。

モンゴルの食文化は他の文化と違うことも多い

モンゴルの食文化は、他の国とは大きく異なることも多いです。
まだ発展途上の国であるモンゴルは、先進国のアメリカやヨーロッパの国々を始めとした食文化とはたくさんの違いがあり、もちろん日本の食文化とも違いがあります。
こうした違いを楽しんでみることで、よりモンゴルに興味を持つことができます。

また、違いがあるもののモンゴル料理はとてもおいしい料理もたくさんあるので、モンゴルを訪れて実際にその味を味わってみるのもおすすめです。
ここではモンゴルの食文化についてご紹介していきます。

モンゴルの食文化をご紹介

モンゴルの食文化で特徴的なことに、肉があります。
モンゴルで肉と一般的に呼ばれている種類は羊の肉です。
日本では豚肉や牛肉、鶏肉をイメージする方が多いですが、モンゴルでは羊の肉なのです。
モンゴルでは羊を放牧で育てていることも多く、そこから羊の肉を食べることも多いです。
そのため一般的な肉として認知されており、他の国との違いとなっています。

また、乳製品が多いのも特徴です。
モンゴルでは羊の他の牛も育てられていますが、牛や羊の肉を食べてしまうとそれで終わりになってしまいます。
乳製品を食べるようにすれば羊や牛は定期的に乳製品を作り出してくれるのでとても良い食料源となってくれるのです。
乳製品は乳が代表的です。
牛乳は日本でもよく飲まれていますが、モンゴルでは牛の他にも羊などからも乳が採取されています。

ただし、そのまま飲むよりもお茶などに混ぜて飲むのが一般的となっています。
ここでもモンゴルと他の国での違いを感じることができます。

さらに、小麦粉を使った料理が多いのも特徴です。
小麦粉は栽培しやすく、モンゴルでも多く栽培されています。
肉の茹で汁で煮込んだ料理はモンゴルの代表的な料理として親しまれており、現地の方が日常的に食べています。

料理に関連する習慣

モンゴルではお客さんが家に来た時には、お客さんは食べものを口に含んで出るのがマナーです。
食べながら外に出るのは日本ではマナー違反のように思えますが、モンゴルでは大丈夫なのです。
また、骨付きのフライドチキンのような食べものが出た時にも注意が必要です。
日本ではおいしいからと骨がきれいになるまで食べようとしてしまいがちですが、ここまできれいに食べるとモンゴルでは逆にNGとなってしまいます。

このように、モンゴルでは他の国と異なる食文化がたくさんあるので、ぜひ覚えておくことをおすすめします。
日本との違いからビックリしてしまったり抵抗感を感じるかもしれませんが、こうした国もあるとして、一度料理を楽しみに行くのも良い経験になるはずです。

イタリアの食文化って?

3月 18, 2016 at • Posted in 食事についてイタリアの食文化って? はコメントを受け付けていません。

イタリア特有の食文化について

イタリアは日本でも人気のある国ですが、食文化も特徴があります。
こうしたイタリアの食文化について学ぶことでよりイタリアについて深く学ぶことができますし、イタリアをさらに好きになります。
ここではイタリアの食文化についてご紹介していきます。
きっとあなたもよりイタリアに興味を持つことができるはずですよ。

イタリアの食文化をご紹介

イタリアには特徴的な料理も沢山ありますが、その中の一つとして有名なのがパスタです。
ですが、実はパスタはイタリアの中ではパスタを食べる派とそうでない派の方がはっきりと分かれている状況となっています。
アンチパスタの方も比較的多くおり、よりヘルシー志向の方も増えています。

パスタはフォークのみで食べることが通常になっています。
スプーンも使って食べるのが日本では主流となっていますが、逆に不器用な方がする行為とされています。
また、実はこれは日本人が作り出した食べ方という説もあります。
基本的にはイタリアに行った際にはフォークのみで食べると良いでしょう。

また、もうひとつ有名な料理にピッツァがあります。
ピッツァはナイフとフォークを使って食べるのが普通となっており、手で食べるのは大人の食べ方ではないとされています。
また、縁の部分が固いことも多々ありますが、この場合イタリアの方は残すことも多くなっています。

料理がおいしい時の褒め方にも特徴があります。
素晴らしくおいしい時には、世界で一番おいしいというのが日本では一般的ですが、イタリアでは違います。
世界で二番めにおいしいというのが最高の褒め言葉とされています。
二番めですが最高を表現しているのが特徴的です。
ぜひ覚えて使いこなしていきましょう。

コーヒーにも特徴があります。
イタリアでもコーヒーは親しまれていますが、コーヒーと頼むとキャフェアアメリカーノと呼ばれるドリンクが出てくることが多いです。
エスプレッソが楽しみたい時にはキャフェと頼むと出してきてくれます。

ボリューム感は全体的に多めで、イタリアの方はたくさん食べる方が多いです。
ただし、たくさん食べますが食べるスピードは比較的ゆっくりと言われています。
もちろん人にもよるところですが、食事を楽しむ気持ちが強いのかもしれません。

特徴的なイタリアの食文化を感じよう

このように、イタリアの食文化はとても特徴的なものとなっています。
日本でもお洒落な国として人気の国ですが、やはりより深くイタリアを知ると日本と異なる部分も数多くあります。
こうした違いを把握して、イタリア料理を楽しむと良いでしょう。

また、レストランによっては、こうしたマナーを守ることがとても大切になります。
ぜひイタリアに向かう前には食文化について少し学んでから行くことをおすすめします。

中国の食文化って?

2月 25, 2016 at • Posted in 食事について中国の食文化って? はコメントを受け付けていません。

中国の知られざる食文化について

中国は最近では日本と馴染みが深い国になっており、食文化に興味を持っている方もいると思います。
中国の食文化は他の国にはない独自のものがあり、その歴史はとても深いものとなっています。

中国4千年の歴史という言葉が使われることもありますが、中国は食文化含めて非常に深い歴史があります。
そこで培われた食文化はとてもたくさんの魅力を秘めているので、ぜひ中華料理を楽しみながらこうした文化に触れてみるのもおすすめです。
きっと中国の新しい一面を感じることができて、さらに中華料理や中国自体を好きになるかもしれませんね。

中国の料理は種類がある

中国の料理はその地域によって4つの種類に大きく分かれています。
中国はとても広いので、場所によって食文化にも差が出てくるのです。

一つめの種類は北京料理です。
中国の北部に位置している北京を中心として発展した料理です。
北京ダックはあまりにも有名で、高級料理として多くの方に親しまれています。
ぱりっとした歯触りに表面を焼き上げながらも中はとてもジューシーな味わいの肉料理で、中国人の方だけでなく世界的にもおいしい料理として評判です。

また、ジンギスカンを使った料理も北京料理も代表的なメニューです。
ジンギスカンもその独特の味わいがとてもおいしいとして人気で、鍋などは特に定番メニューとして日本でも人気です。
北京料理はカロリーが比較的高めの料理が多いので、食べる際には栄養バランスに少し気をつけると良いかもしれません。

次に上海料理です。
上海も中国を代表する都市として人気の高い都市ですが、中国の中では東部に位置している都市です。
揚子江という中国を代表する河川がありますが、その下流に位置している上海は、揚子江の豊かな自然の中で培われた食材を使った料理が多くなっています。
また、魚介類などは蟹などを丸ごと使った料理も多く、豪快さも感じられるのが特徴です。
蟹は上海では有名で、上海蟹と呼ばれる蟹は蟹の種類の中でも有名です。

三つめに広東料理です。
中国の中では南部に位置している広東地方の料理で、海産物を使った料理が多いのが特徴です。
海に面している地域なので新鮮な魚介類が多く水揚げされており、その鮮度を生かした料理は抜群のおいしさを誇っています。
また、豊かな風味があるのにも関わらず新鮮なため比較的あっさりとしていて食べやすい料理も多くなっています。

エビを使った料理などは特に多くなっており、他にも豚肉や鴨肉を使った料理なども多くなっています。
味付けも様々なバリエーションがあり、変化に富んだ味わいを感じることができます。
海外の方にも評判の良い料理です。

四つめに四川料理です。
南西部に位置している四川省という地方の料理で、辛さを生かした料理が特徴です。
日本でも人気のある料理で多くの方に親しまれています。

中国の色んな味を味わおう

このように中国には様々な料理があります。
ぜひあなたもその多彩な味を楽しんでみて欲しいと思います。

スペインの食文化って?

1月 21, 2016 at • Posted in 食事についてスペインの食文化って? はコメントを受け付けていません。

スペインの食文化について

海外旅行に行く方は多いですが、様々な国の食事の中でもスペインの食事は満足する方が多いのが特徴です。
様々な食材を使った料理がありますが、肉や野菜、魚など、それぞれの食材の持ち味を生かしてスペインならではの味わいを楽しむ事ができます。
他の国では食材に制限があることもありますが、スペインでは比較的そうした制限がなく、日本と同じように色々な食材が積極的に使われています。

また、日本の和食は野菜を中心としたヘルシーな食事が基本ですが、スペインもこれと同じく健康的に楽しめるメニューは多くなっています。
栄養のバランスも取れており、3食しっかり食べるとしっかりと体の調子を整えることができます。

スペインの代表的な料理

スペインの代表的な料理として知られているのがパエリアです。
パエリアは日本で言うところの炊き込みご飯のようなイメージです。
ぱらっとした感じで仕上げられているのが特徴で、色とりどりの野菜が取り入れられて見た目にも華やかな雰囲気があるのも特徴です。
さらに、魚介類を加えたパエリアも多く、スペインの豊かな海産物の味わいを存分に楽しむことができます。

他にも冷製スープなども人気のメニューです。
ヘルシーでおいしく食べられるメニューとして幅広い方に人気で、日本の女性にも人気の高いメニューです。
さらにオムレツなども人気です。
ジャガイモを入れたオムレツはボリューム感もあり、日本で食べているオムレツとは少し違った味わいを楽しむことができるのも特徴です。

このようにスペインには特徴的なメニューがたくさんあり、そのどれもがとても深みを感じられるおいしいメニューとなっています。
スペインに訪れた時にはぜひ食べてみることをおすすめします。

スペインでは1日5食食べることも

スペインの食文化ではもうひとつ特徴的なことがあります。
それが、1日で何と5食を食べることがあるということです。
日本人の方は1日3食が基本ですし、ダイエットなどを頑張っている方はより少ない方もいます。
こうした習慣から比べると、スペインの食事の回数はちょっとびっくりしてしまうかもしれません。
もちろん人それぞれ食事のスタイルは異なるため全てのスペイン人の方が5食食べる訳ではないようですが、比較的多くの方が5食食べると言われています。

逆にたくさんスペイン料理を楽しみたい方にはとても良いかもしれません。
ぜひこうした食事のスタイルの違いもチェックしながら、スペイン料理を楽しんでみるのもおすすめです。

このようにスペインの食文化は特徴的なポイントがたくさんあります。
ぜひあなたもその違いを感じてみて欲しいと思います。
きっと新しい発見も沢山あるはずですよ。

ドイツの食文化って?

7月 28, 2015 at • Posted in 食事についてドイツの食文化って? はコメントを受け付けていません。
ドイツの郷土料理

ドイツと言ったら何と言ってもソーセージが有名です。
ソーセージはサイズや腸詰される中身などにおいてさまざまな種類があるため、お店やスーパーなどで食べ比べしてみるのも楽しいと言えるでしょう。

ドイツで楽しむソーセージは焼くだけではなく茹でるほか、各地方によって調理方法が異なるります。
場所によっては日本では食べたことがないような食感も楽しめるので、一度いろいろと調べてみるとよいでしょう。
ちなみにソーセージ自体の種類はドイツ国内に1500種類もあるので、自分好みの一品が見つかるかもしれません。

有名なデザートメニュー

ドイツで最も有名なデザートメニューがバウムクーヘンです。
名前の由来はドイツ語で木のお菓子(年輪のお菓子)という意味から来ています。
見た目のボリュームや甘い香りが特徴的なスイーツと言えるでしょう。

バウムクーヘンは日本でもよく食べられるメニューの一つですが、ドイツではしっかりと何層にも重ねて焼き上げるため、非常にふっくらとした食感が特徴です。
メインの料理以外にも一度は食べてみたい料理のひとつと言えるでしょう。

大人になったら楽しめるもの

大人になったら楽しめるものとして、ドイツで最も有名な飲み物と言えば地ビールです。
国内における地ビールの数は6000種類以上と言われており、醸造所も1300件以上あるという話もあがっています。

ドイツのビールは、ビルス・へレス・ドゥンケル・ヴァイスの4種類があり、それぞれ作り方や原材料が異なるのが特徴です。
ビールが普段飲めないという人でも、本場ドイツで飲む一品は格別だという声もあがっており、中心地では昼夜問わず楽しむ人が多くいらっしゃいます。
成人を迎えた人はソーセージといっしょに、一度飲み比べをしてみるのもよいと言えるでしょう。

その他のドイツグルメ

ドイツにおけるその他のオススメグルメとしては、お肉料理やお魚料理などがあげられます。
お肉料理の中ではアイスバインやヴィーナーシュニッツェルなどが広く食されています。
それぞれ塩漬けされた骨付き肉やカツレツ風といったドイツ独特の食べ方と言えるでしょう。

またニシンが豊富に取れる場所としても知られているため、旬を境にさまざまな場所でニシン料理を食されるのが特徴です。
新鮮なうちに購入できるため、フライで楽しむほか酢漬けといったメニューが使われています。
どちらも地元のレストランなどで楽しむことができるため、ビールといっしょに食してみてはいかがでしょうか。

食文化だけでも非常に特徴的なドイツだからこそ、海外留学の際にはいろいろと食べ比べしてみたい場所が多数存在しています。
海外へ出かける際には一度ドイツも候補として選んでみてはいかがでしょうか。

カナダの食文化って?

6月 25, 2015 at • Posted in 食事についてカナダの食文化って? はコメントを受け付けていません。
カナダ特有の食文化

カナダの食文化はほかの国とは異なり移民が多く存在しているため、食文化にも独特な部分があると言えます。
それぞれの都市部では、移住前に食していた地元の料理を元に、さまざまな本場料理を楽しめるお店が存在しているのが特徴です。
広い土地を構えたカナダという国の中だからこそ、さまざまな食文化が入り混じっていると言えるでしょう。

また冬場は豪雪地帯にもなるため、寒さに耐えられるような温かい料理を多く食されている事でも有名です。
クラムチャウダーなどのスープなどは日本でもおなじみのメニューと言えるでしょう。

魚を使った料理

カナダで食べられるお魚料理として、サーモンを豊富に使ったものがあります。
地元の人はグリルにして食すほか、クラムチャウダーに入れて食べるケースが多いと言えます
どちらも日本で食べるメニューとは少し異なり、よりカナダの人が楽しめるような味付けになっています。

カナダで採れるサーモンは脂の乗りもよく、日本国内でも多くのお店で使われているのが特徴です。
栄養満点でもあるため現地の人々の栄養源になっていることは間違いないと言えるでしょう。

またカナダではそれぞれの移住民が特化した料理作りをしているため、サーモンを使った各種料理も豊富に楽しめる
日本では味わったことのないメニューもあるため、時間があるときには都市部にてお店めぐりをしてみるのも楽しいと言えるでしょう。

メープルシロップ

メープルシロップは、カナダ名産の天然甘味料です。
主に砂糖カエデと呼ばれる木の樹液から作られており、日本国内でも広く親しまれている味と言えるのではないでしょうか。
たっぷりとメープルシロップが掛かったデザートは、まさに病みつきになる一品です。

メープルシロップを使ったメニューは、カナダ国内外問わず非常に多いのが特徴です。
シロップをそのままかけて食べる以外にも、料理の中に含んで使用するケースがあります。
主にカナダではクッキーに使うケースがメジャーとされているため、お土産などにも人気を博していると言えるでしょう。

日本との違いについて

日本との違いとして、デザートや飲み物といった部分があげられます。
日本では夏場などアイスコーヒーをよく飲む場面がありますが、カナダではほとんどの人が飲まない傾向にあります。
これは主に温かい飲み物を好む国民性が関係していると言えるでしょう。

またカナダ国内にはドーナッツ店の数も非常に多く、日頃から食される人が多いのが特徴です。
日本で言うファストフード店のような数があるため、自分好みのお店が見つかるかもしれません。
普段から甘いデザートを混んでいる方は、一度本場のドーナッツを楽しんでみるのもよいでしょう。

イギリスの食文化って?

5月 28, 2015 at • Posted in 食事についてイギリスの食文化って? はコメントを受け付けていません。
自宅で食べられる食事

イギリスの食文化は、自宅・外食とさまざまな点で特徴を持っています。

まず、自宅で食べられる食事としては朝ごはんの定番メニューとしてイングリッシュ・ブレッグファストがあげられます。
メニューの中にはソーセージやベーコン、卵やハッシュドポテトなどが含まれており、プレートタイプにして食べる習慣が根付いていると言えるでしょう。

そのほかにもオートミールを食すポリッジも人気のメニューの一つです。
日本などで食べるような冷たいミルクを使うシリアルとは異なり、一度レンジで温めて食べるのが特徴と言えます。
ポリッジにはフルーツや蜂蜜などを含めていっしょに食べるため、栄養満点の朝食メニューと言えるでしょう。

外食として食べられる食事

外食として食べられる食事にはお魚やお野菜などを使ったメニューが人気です。

ファストフードとして有名なメニューなのがフィッシュアンドチップスです。
これは白身魚のフライとチップスをいっしょに楽しめるメニューで、若者を中心に大人気の料理と言えるでしょう。

またレストランなどでよく食されるのがジャケットポテトです。
この料理は大きなじゃかいもの上にチーズやバター、さらにはツナなどを乗せて食べるのが特徴となっています。
サラダやベイクドビーンズもいっしょに食べるため、栄養も満点と言えるでしょう。
どちらもランチメニューとして人気の高い一品です。

イギリスで人気のパイ料理

イギリスでは日本よりもパイ料理を非常に多く食べられているのが特徴です。
用途してデザート以外にもメイン料理など幅広い場所で使われているため、一度試してみるのもよいでしょう。

イギリスで人気のパイ料理としてランチやディナーという場所で広く食べられるのが、コテージパイという料理です。
主にひき肉やマッシュポテトをパイ生地で包んでいるため、ボリュームも満点と言えます。

またビーフシチューを包んだブリティッシュパイも家庭料理として人気です。
どちらもメインのメニューとして食べられるため、おもてなし料理としても活用されています。

日本との違いについて

日本との食文化の違いとして、紅茶を用いた時間のお話があります。
イギリスでは朝食やランチといった時間以外にも、紅茶を楽しむアフタヌーンティーの時間が存在しています。
主に、14時から17時頃と設定されているため、レストランなどでも楽しむことが出来るのが特徴です。

アフタヌーンティーの際には美味しい紅茶以外にも、クロテッドクリームや焼きたてのスコーンをいっしょに食べるケースが多いとされています。
クロテッドクリームとスコーンとの相性も抜群ですから、イギリスに出かけた際にはぜひ一度試してみるとよいでしょう。

アメリカの食文化って?

4月 26, 2015 at • Posted in 食事についてアメリカの食文化って? はコメントを受け付けていません。
自宅で食べる食事

アメリカの食文化として自宅で食べられる食事は日本と少し違った面が見てとれます。
メインとして食べるものには主に肉料理や揚げ物など、ボリュームのあるメニューが食べられると言えるでしょう。

また、バーベキューなどでは大きなステーキ肉を豪快に焼く場面がたびたび見られます。
これぞ「アメリカ」、という人も少なくないでしょう。

朝食などでは、もちもちな食感のベーグルを食す場合のほか、トルティーヤチップスといった独特の食べ物を好んで食すのが特徴です。
それから、日本と同様レトルト食品や冷凍食品を効率よく使用して食事を楽しんでいる方たちも多く見られます。

外食として食べられる食事

外食として食べられる食事としては、手軽に楽しめる料理としてハンバーガーやホットドッグなどがあります。
どちらも日本でもおなじみのメニューですが、そのボリュームや安さなどが大きく違うので、利用する際には自分が食べられるサイズのものを選ぶようにしましょう。
また大型ショッピングモールにおいては日本同様フードコートも充実しているのが特徴です。

アメリカ国内では自宅でも食べられるよう、デリバリーサービスやお持ち帰りのサービスも充実していると言えます。
お弁当以外にもおがず専門店やファストフード専門店も多くあるため、食べ物に困ることは少ないでしょう。

お店で食べる際の注意点

アメリカのお店で料理を食べる際の注意点として、さまざまなポイントがあげられます。
アメリカ国内では日本食のお店が多数あるものの、値段は日本国内の数倍というケースが多いため注意が必要です。
日本にいるようないつもの感覚で料理をどんどん注文すると、お酒を飲むようなお店と変わらない値段になってしまうこともあるので注意しましょう。

また少し高級なレストランなどで食事をする際には、会計口ではなく席にウェイターを呼ぶ形での清算となります、
その際に簡単なチップを渡せると、よりよいサービスを受けられると言えるでしょう。
チップの金額は料金の2割程度となるが、金額が不明な場合には現地の人にあらかじめ相談しておくとよいと言えます。

日本との大きな違いについて

アメリカではレストランの値段によって利用する服装選びが重要と言えます。
日本以上にレストランでのドレスコードが厳しく設定されているケースが多いため、あらかじめお店に行く前には確認をしておくようにしましょう。

気がれなく食事を楽しみたいのであれば、アメリカ特有のファストフードをめぐってみるのも良いと言えます。
豪快に食べながら雄大な大地をドライブすれば、まさに気分はアメリカンと言えるでしょう。
現地では現地なりの食文化を楽しむことが、海外旅行や海外留学の醍醐味だと言えます。