インドと日本の違い

12月 28, 2016 at • Posted in 異なる文化についてインドと日本の違い はコメントを受け付けていません。

独特の文化を持った国、インド

世界には様々な国がありますが、その中でも独自の文化を持っていることで有名なのがインドです。
日本の文化とは大きく異なることもとても多く、大きな驚きや発見が得られる国でもあります。
好みが分かれやすい国ですが、合う方にはとても合う国なので、ぜひ一度その文化の違いについて考えてみるのはとてもおすすめです。

ここでは特に特徴的な文化の違いについてご紹介していきます。
チェックして頂くことでさらに日本について深く考えるきっかけになってくれると思います。

インドと日本の違いをご紹介

インドと日本の違いとして、まずは動物を至る所で見ることができるということです。
牛やゾウ、馬やラクダなど、インドでは様々な動物を普通に外で見ることができます。
日本だと動物園でしか見られないような動物が普通に歩いているのを見ることができるのです。
これは最初はとても新鮮に感じるはずです。
ラクダなどは上に乗っている方もおり、日本とインドの生活習慣の違いを感じることができます。

インドでももちろん車も走っていますが、こうした動物を引いて歩いている方もまだ多い状況なのです。
将来的に留学や旅行でインドを訪れる機会があれば、ぜひ実際にその風景を見てみるのも良いと思います。

また、日本ではスーツを着て自転車に乗るのは比較的普通のことだと思われています。
ですが、インドではスーツを着て自転車に乗っているとあまり良い印象は持たれません。
これは、自転車という乗り物がインドの方にとっては貧しい方が乗る乗り物と考えられているためです。
スーツを着て仕事をしている方はある程度実力を持ったクラスの高い方なので、自転車に乗っていると釣り合わない印象になってしまうのです。

日本人の方がインドでスーツを着て自転車に乗る機会はあまりないかもしれませんが、豆知識として覚えておくと良いでしょう。
ムダなところで恥ずかしい想いをせずに済みます。

また、日本では粗大ゴミは処分量がかかりますが、インドでは粗大ゴミはお金になります。
売却することができるので、不要な物が出てきた際には売却すると良いでしょう。
これは、インドではまだまだ物が足りていない状況だからです。
多くの方が生活に必要なものを揃えられておらず、不要品として処分したい方がいれば、中古でも譲り受けたいという方はとても多いのです。

インドはカルチャーショックが大きい国

以上、インドと日本の代表的な違いについてご紹介してきました。
インドは日本との文化の差がとても大きく、最初にインドに行った方はカルチャーショックを受ける方も多い国です。
ぜひ興味のある方は今後インドを訪れてみるのもおすすめです。
きっと人生の良い経験になってくれますよ。

ベトナムと日本の違い

11月 24, 2016 at • Posted in 異なる文化についてベトナムと日本の違い はコメントを受け付けていません。

ベトナムと日本の大きな違い

ベトナムも日本と文化の違いが沢山ある国です。
その中でも特に特徴的な違いとして、値段が挙げられます。
ベトナムではとにかく日本よりも値段についての話題が多いです。
いくらだったのかという話から根切りについての話も多く、ベトナムでは根切り交渉が普通になっています。

もちろん最近では日本でも根切りは比較的一般的になってきていますが、それでもやはり少し控えめな方は根切りを躊躇してしまう方も多いと思います。
ですが、ベトナムではそうした遠慮はほぼなく、スーパーなどのどうしても根切りが難しいお店以外では必ずと言って良いほど交渉が行なわれています。

交渉の際のポイントとしては、ベトナム語でいくらかという値段を聞いてみることです。
ベトナム語で話すことで相手の方もある程度ベトナム語が分かる方と認識してくれて、いわゆるぼったくりのような価格で販売されることを避けることができます。

また、事前に商品の相場をチェックしておくことも大切です。
大体他のお店ではこれくらいの価格で販売されていて、よりやすく購入したいということを伝えるようにすると値段交渉を有利に進めることができます。
どれくらい値切りが利くかは商品やお店による部分も大きいですが、元の値段の6割ほどの金額で購入できるということも比較的あります。

そのため、値段交渉はもはや必須とも言えるようなものなのです。
日本で交渉をしていなかった方はベトナムでは交渉するようにすることをおすすめします。

気さくなコミュニケーションも特徴

値段を気にするベトナム人ですが、気さくなコミュニケーションを好むのも特徴です。
買い物をして後日また買い物に行くと、覚えていてくれることもよくあります。
また、また来てくれたんだと声を掛けてくれることもあります。
こうしたやり取りは日本ではあまりないので新鮮に感じる方も多いです。
ベトナムではこうした買い物の際の文化の違いに注目してみると、より深くベトナムを楽しめるはずです。

ベトナムの方も気さくに対応してくれるので、あなたもなるべく笑顔を忘れないようなコミュニケーションをしていくと得することができます。
また、もちろん自分の利益に繋がるということももちろん良いことではありますが、笑顔で接していく方がベトナム人の方とも仲良くすることができます。

ベトナムの文化の違いをより深く知ろう

このようにベトナムは日本と違った魅力を持っている国と言えます。
ここでご紹介した他にもたくさんの魅力が詰まっているので、ぜひ色んな文化の違いをチェックしてみるのもおすすめです。
得た知識はあなたの視野を広げるのに役立ってくれて、より日本を多角的に考えることができるようになるはずです。

ブラジルと日本の違い

10月 16, 2016 at • Posted in 異なる文化についてブラジルと日本の違い はコメントを受け付けていません。

ブラジルと日本の違いについて

ブラジルと日本の違いは沢山ありますが、日本は先進国として様々な技術が発達しています。
スマートフォンやPC、テレビ、ゲーム機など、最近は様々なところでデジタル化が進んでおり、常にこうした機器を使っているという方も多いと思います。
ブラジルでもこうした家電製品などは使われていますが、まだ日本ほど普及していない状況です。
ブラジルでは人と人とのコミュニケーションがより重視されており、日本のように電車の中で携帯電話を黙々と触っているという方は少ない傾向にあります。

また、ブラジルは様々な国の方が新天地を求めて移住したことででき上がった国でもあります。
そうした歴史から、多国籍で自由を重んじる文化が以前からあります。
こうした文化からすると、様々な規制や周りの人に合わせる習慣がある日本人の習慣は、かなり大きな差があると言って良いでしょう。
もちろん現代的な家電製品は生活を便利にしてくれる物ではありますが、普段何気なく使っていても、実は他の国の方からすると不自然に見えたりすることもあるのです。

電車のマナーにも違いがある

日本とブラジルではマナーにも違いがあります。
電車の中のマナーを考えてみると、ブラジルでは多くの方が年配の方に席を譲る習慣ができています。
元々コミュニケーションを大切にする文化で、その中で年配の方に優しくすることは当然のことと考えられる文化になっていたと考えられます。

また、重たい荷物などで困っている人に対しても、ブラジル人の方は気軽に声をかけます。
中には荷物をそのまま持ち去ってしまうという方もいるのですが、基本は優しく手伝う方が多い傾向にあります。
これは日本でもぜひ見習いたい習慣と言えます。

さらに、日本では電車内で居眠りをするのは普通なこととして考えられています。
仕事などで疲れている方がたくさん居眠りをしていますが、ブラジルでは居眠りをしている方は不注意な方として認識されます。
前述のようにブラジルは盗難なども比較的ある国なので、不注意な居眠りをしていると荷物を持っていかれてしまいかねません。
日本人でブラジルに移住した方も、元々は電車でよく居眠りをしていたけれどブラジルに来たらさすがにできないという方も多いです。

電車の時刻表がない

ブラジルでは電車の時刻表がありません。
そのため不定期に運行されており、ブラジル人の方が日本に来ると時間通りに電車が来て、ラッシュの時の風景にはビックリする方も多いようです。
確かに勤勉な日本だからこその風景と考えられることは多いですが、時刻表がないブラジルも日本からするとかなり驚きと感じる方も多いと思います。

このように、日本とブラジルにはたくさんの違いがあります。
ぜひこうした違いにも目を向けてみると、よりブラジルに興味を持つことができるはずです。

フィリピンと日本の違い

9月 19, 2016 at • Posted in 異なる文化についてフィリピンと日本の違い はコメントを受け付けていません。

フィリピンと日本の違いを知ろう

フィリピンは比較的日本に近く、旅行などでも向かいやすい国として人気が高まってきています。
ですが近いからと言っても文化が似ているというわけではなく、日本とフィリピンにはたくさんの文化の違いがあります。
ここではそうした違いについてご紹介していきます。
フィリピンと日本の違いを知ることでよりフィリピンについて深く理解することができますし、さらに興味を持つきっかけにすることもできます。
ぜひチェックしてみて欲しいと思います。

フィリピンと日本の違いをご紹介

フィリピンと日本の違いとしてまず大きいのが気候です。
日本では春夏秋冬がはっきりしており、夏と冬の寒暖の差は非常に大きいです。
これに対してフィリピンでは年中温かい気候となっており、過ごしやすい環境の中で生活することができます。
フィリピンはリゾート地として世界から多くの方が訪れていますが、それはフィリピンの南国の気候によるところも大きいのです。

フィリピンでは気温よりも乾燥の度合いで季節が分かれています。
雨期と乾期という二つに分かれており、日本で言う6~11月はフィリピンでは雨期に当たります。
そこからは乾期となっており、最高気温は日本と同じような暑さとなっています。

これに合わせて服装も年中夏のスタイルとなっており、比較的ラフなスタイルで過ごしている方も多いです。
ですが、ホテルなどの場所ではきちんとしたスタイルの方が好まれるため、旅行で向かう際はシーンに応じた服装をすることをおすすめします。
髪型もフィリピンの男性の方は短く刈り上げるヘアスタイルが多くなっています。
女性のヘアスタイルはストレートヘアーが多くなっており、清潔感を重視する方も多いです。

また、教育環境もフィリピンは日本と大きく異なっています。
日本では中学までが義務教育で、その後高校、大学に通う方も多くなっています。
これに対してフィリピンでは小学校も卒業できない方が約半数となっており、教育環境の整備がまだ不十分であることが分かります。
そしてこのことを知ると、日本がいかに恵まれているかを再確認することもできます。

フィリピンでは小学校は6年間で日本と同じ、中学校に当たる学校が4年間、その後大学が4年間となっており、比較的日本と同じ年代で教育課程が終わる形になっています。

他にもたくさんの違いが

以上、フィリピンと日本の違いについてご紹介してきました。
ここに挙げた以外にもたくさんの違いがあるので、ぜひあなたも色々なことを調べてみるのもおすすめです。
さらにフィリピンのことを深く知ることでより新しい広い視点を持てるようになります。
また、今後旅行に行く機会があれば、違いに注目してみるのもおすすめです。

中国と日本の違い

8月 24, 2016 at • Posted in 異なる文化について中国と日本の違い はコメントを受け付けていません。

中国と日本の違いはたくさん

色々な国を考える上で、中国と日本を比べてみるのも良いと思います。
中国は最近とても発展している国として注目されており、その勢いは日本を追い抜こうとしている勢いです。
ここではそうした中国と日本の違いをご紹介していきます。
ぜひ参考にして、今後中国に旅行などに行く方はチェックしてみて欲しいと思います。

中国と日本の大きな違いとして、話し声があります。
日本人の話し方に比べて中国の方の話し声は大きい傾向にあります。
日本は島国で昔から日本人同士で話すことが多かったため、話し声は小さくても済みました。
また、日本の家屋は比較的物音を通しやすい作りになっていました。
ふすまや障子など、分厚い壁ではなく、仕切りのようなものになっていたため、重要な話などをする際には小さな声で話すことも多くありました。

それに対して中国は大陸となっており、大きな声で周囲に聞こえるようにしないと周りの人に気付いてもらえないことが多くありました。
また、以前から非常に人数が多かったため、その多くの人数の中で主張をしようとすると自然に大きな声になる傾向があります。
このため、現在のような声の大きさの違いが出てくるようになったのです。

好みの色にも違いがある

日本人と中国人では好みの色にも違いがあります。
中国ではどちらかというと鮮やかな色が好まれるのに対して、日本では比較的落ち着いた色が好まれる傾向にあります。
中国の門などを見ても、明るい赤が多用されているなど、はっきりとした色が用いられていることが分かります。
日本では自然の雰囲気を大切にする文化があることから自然の風景に馴染むような色合いが好まれてきました。

また、日本人は元々控えめな性格の方が多く、落ち着いた色の方が主張が激しすぎず、相手の方に威圧感も与えません。
中国では先ほどの声の大きさと同様、主張をすることが求められるため、色にもその精神が反映されているということになります。
中国でははっきりとした色は富みや強さを象徴するものと考えられているため、多くの建物などで取り入られています。

このように、身近なものひとつとっても非常に深い意味があるのです。
こうした小さな違いに目を向けてみるのも、中国をひも解く上で大切なヒントになってくれるはずです。

中国により興味を持とう

以上、日本と中国の違いについてご紹介してきました。
中国は日本から比較的近く、最近は日本から旅行に行く方も増えています。
ぜひあなたもこうした文化の違いについて考えてみることで中国により興味を持ってみるのもおすすめです。
きっと新しい発見があり、あなたの考えをさらに深みのあるものにしてくれるはずです。

イタリアと日本の違い

7月 21, 2016 at • Posted in 異なる文化についてイタリアと日本の違い はコメントを受け付けていません。

日本とイタリアには違いがたくさん

日本でも旅行や留学先として人気の国にイタリアがあります。
イタリアはとてもお洒落なイメージのある国ですが、日本と異なる文化が沢山ある国でもあります。
ここではイタリアと日本の違いをご紹介していきます。

イタリアと日本の違いとしてまず大きなものとして、ジェスチャーがあります。
ジェスチャーは身振り手振りで自分の考えや気持ちなどを伝えるために用いられますが、日本人は比較的ジェスチャーが控えめです。
それに対してイタリア人の方の多くはジェスチャーが大好きとも言えるくらい多用します。
イタリア人同士の会話でも常にジェスチャーが繰り出されているので、もはや当たり前、必須とも言えるようなものです。

イタリアに留学や旅行に行く方はこれを知っておくだけでも現地の方とのコミュニケーションがずいぶん変わります。
なるべくジェスチャーを交えながら会話をするようにするとより伝わりやすくなりますし、現地の方もジェスチャーがあることに慣れているので、とても自然な形に考えてもらえるはずです。
ジェスチャーを取り入れると分かりますが、自分の意志などをよりはっきりと伝えられるようになるはずです。

他にもたくさんの違いが

ジェスチャー以外にも日本とイタリアではたくさんの違いがあります。
挨拶も大きく異なることが多いです。
日本でも挨拶はすることが多いですが、シチュエーションによっては挨拶抜きで過ごしてしまうこともあると思います。
こうしたタイミングでもイタリアでは比較的細かなタイミングでも挨拶が重要とされているので、挨拶も一つの大切なポイントと考えておくことをおすすめします。

また、スムーズにあいさつができるようになるためにもなるべく早い段階でイタリア語の挨拶のフレーズを覚えるようにすると良いでしょう。
そうすればとっさの時にも慌てずに挨拶することができるので、分かっている人と思ってもらえるようになります。
ぜひ活用してみて欲しいと思います。

次に荷物です。
日本では場所取りのために席にバッグなどを置いて注文をしにいくことがありますが、イタリアではこれは良くありません。
置き引きに遭ってしまう可能性が高いので、なるべく目を離さないようにするか荷物を常に持ち歩くようにしましょう。

コーヒーにも違いがある

イタリアではコーヒーにも違いがあります。
通常、コーヒーと言えば比較的量の入った通常のコーヒーをイメージする方が多いと思います。
ですが、ここで言うコーヒーとはエスプレッソのことです。
最初は分からないので戸惑ってしまうかもしれませんば、段々と慣れてくるはずです。
こうしたイタリアの様々な文化に触れることもとても大切です。

カナダと日本の違い

12月 27, 2015 at • Posted in 異なる文化についてカナダと日本の違い はコメントを受け付けていません。
異文化に対して興味を持つ

カナダという国は日本と違い、異文化に対して興味を持つことが特徴です。
もともとカナダは移民が多く存在している国でもあるため、異文化に対しても寛容な対応をしてくれることで有名となっているのです。
日本だけではなくさまざまな国の人々に対しても、積極的に話しかける光景が見受けられると言えるでしょう。

またカナダでは人種差別に対しても非常に厳しく、どんな人間であっても対等に分かち合う人間性が特徴と言えます。
お互いの文化や考えなどを尊重しあえる国民性が、普段の生活からよく見てとれる国と言えるでしょう。
そのため海外旅行や留学が初めての人にとっても、壁を作らず接することが出来ると言えます。

非常にフレンドリー

カナダに住む人は日本人と比べて、非常にフレンドリーだという意見が多いのが特徴です。
どんな人間に対しても気軽に受け入れたり話を持ちかけるため、すぐに打ち解けることができるでしょう。

カナダ国内にて公園や街中などで一人の行動をしているときにも、道案内や世間話などを持ちかけられるケースも少なくありません。
そのため自然とカナダの国になじむめることも多いと言えるでしょう。
総合的に見た時、どんな人でも友達感覚で触れあう傾向にあると言えます。

自己主張の強さ

カナダに住む人たちは、より自分の意見を尊重してもらうため、自己主張が強い国民性が見てとれます。
日本人のように周りの状況ばかり気になってしまい、結果として自分の意見が言えなくなる、といったことも少ないのが特徴です。

カナダの人たちは間違ったことは間違っている、正しいと思ったことは正しいと伝える、という主張も強く出されるため、イエスやノーという意志もしっかり見受けられます。
言い方をよくすれば裏表がないと言えるため、初対面でもすぐに打ち解けられる国民性だと言えるでしょう。

大雑把でジョーク好き

カナダに住む人々は日本人とは違い、こまかな部分まで気にせず非常に大雑把な国民性が特徴としてあげられます。
時として時間に対してルーズな場合や、約束の時間に守れない場合も少なくないと言えるでしょう。

話は好きな人が多いものの、相談をしても皆言う事がバラバラということも少なくありません。
その分、人を元気にさせるようなジョークも好きだと言えるため、話し相手としては絶好だと言えるでしょう。

アメリカやアジア・ヨーロッパの人々とは全く異なった人間性が特徴のカナダ人ですが、その特徴を知れば知るほど興味が沸くタイプと言えます。
コミュニケーション能力も高いため、観光や留学で訪れた際には積極的に話しかけてみるとよいでしょう。
ちょっとした時間でも、いつのまにか友達のように仲良くなれるかもしれません。

イギリスと日本の違い

11月 25, 2015 at • Posted in 異なる文化についてイギリスと日本の違い はコメントを受け付けていません。
税金について

日本とイギリスでは、税金の仕組みが大きく異なっているということをご存知でしょうか?

日本では、消費税として現在8パーセントが商品の値段に含まれています。
これはほとんどの商品に関して課税されているため、どの商品の値札にも「税込」「税抜」という表記がされているので非常に分かりやすいと言えるでしょう。

またイギリスでは、全ての商品に17パーセント程度の付加価値である税金が課税されているのが特徴です。
日本よりも税金が高いのは、昨今おける経済状況の違いなどによって差が出来てしまったのが理由としてあげられます。

どちらの国でも一定の買い物金額によって免税制度を受けることが出来るため、購入時にはしっかりと確認しておくことが大切と言えるでしょう。

地下鉄について

交通手段の一つである地下鉄にも共通点や少し違った部分が見受けられます。
日本での地下鉄事情は都内や名古屋・大阪といった主要都市などで盛んに開発がされています。
特に東京都内を走る地下鉄は非常に多くの路線が通じているため、路線図を確認するだけでも大変だと言えるでしょう。

ロンドンでも同様に地下鉄が発達しているため、車を使わずにさまざまな場所へ移動することが可能と言えます。
日本よりも地下鉄を利用する人口の割合も高いため、一般的な交通手段としてあげられるケースが多いと言えるでしょう。
便利な乗り放題のパスも販売されているため、海外に出かける際にはあらかじめ購入手段を調べておくとよいでしょう、

タクシーやタバコなど

日本とイギリスにおける最大の違いとして、タクシーの乗り方というのがあげられます。
タクシーの利用は日本とほとんど同じですが、ロンドンの場合には乗り込む前に助手席から行先の交渉をする必要があるため注意が必要です。
また後ろの部分にはトランクがないため、座席にある広いスペースに荷物を置く必要があることを覚えておきましょう。

日本におけるタバコ税は年々上がっていますが、イギリス国内においても同様に非常に多くの税金が課せられています。
より健康に過ごすためにも家族の方に対して、禁煙をかねたタバコの購入制限を考えてみるのも大切と言えるでしょう。

飲食物

飲食物に関してもイギリス特有の文化が存在しています。

イギリス国内では主に魚料理やフライ料理が好んで食されているのが特徴です。
中でも「フィッシュアンドチップス」は有名な料理の一つで、観光名所には手軽に食べられるように工夫がされています。
もちろん国内にはお肉が好きな人や野菜が好きな人も多くいるため、一概には言いきれない部分でもあると言えるでしょう。

日本では当たり前のようにあるアイスティーは、イギリス国内で見かけるケースが少ないと言えます。
これは国民のほとんどが温かい紅茶を好んでいるためで、地元の人からすると少し変わった飲み物だと言えるでしょう。

アメリカと日本の違い

10月 25, 2015 at • Posted in 異なる文化についてアメリカと日本の違い はコメントを受け付けていません。
服装における違い

国によって文化の差がありますが、アメリカと日本の違いとしては、服装における差が挙げられます。
日本では四季によって服装のタイプが大きく異なるため、年間通して着続ける服はありません。
しかしアメリカではどんなに寒くともTシャツ一枚で大丈夫だという人も少なくないのが特徴です。

もちろん全てのアメリカ国民が揃って薄着で生活しているわけではありません。
雪などがちらつく真冬などでは、女性を中心にコートを着用している光景もテレビで度々映されます

とはいえ日本に住む人々よりも寒さに強いイメージを持たれることが多いのが特徴です。
これには服装のセンスなどが関係しているわけではなく、単純に暑がりであることが理由として言えるでしょう。

食べ方の違い

次に食べ方の違いについて検証をしてみましょう。
アメリカ人は普段からジャンクフードや脂っこい食べ物を沢山食べる傾向にあるとされています。
それに対し日本人は、食の量というよりもお酒の量が比較的多い傾向にあると言われています。

どちらも暴飲暴食の原因に繋がることですが、国によってそのベクトルが違うと言えます。
アメリカ人がお酒をあまり飲まない理由として、普段から車を運転する機会が多いなどがあげられるでしょう。

時間の使い方

時間の使い方に関してはどのような違いがあるのでしょうか。
日本では仕事に対する時間がほかの国より多いという事もあり、自由な時間を使える機会が少ないのが顕著に表れているのが特徴です。
それにより家族と過ごす時間にも限りがあると言えるため、普段から充実した人生を送るのも難しいと言えるでしょう。

それに対してアメリカ人は平日や週末問わず、家族を一番にした時間の過ごし方を満喫しているのが特徴としてあげられます。
より自分のとって自由な時間を取れるよう、普段から工夫をしている部分や、文化の違いとして自由な時間が取りやすいのが理由と言えます。

母国語が一つではない

最後に言語についての違いです。
日本人の母国語は日本語であり、国内に住むほとんどの人が話せる言葉の一つとして認知されています。
日本語においては読み書きはもちろん、地域によっては方言などが存在しているが、ある程度は理解できるという人も少なくないと言えるでしょう。

しかしアメリカでは英語を母国語として使用していない地域もあるため、国内に住む全ての人が英語をしゃべれるわけではないので注意が必要です。
また地域によってはさまざまな形の英語を使用しているケースもあるため、ナチュラルな英語が通用しないケースもあるため、海外留学をする際にはあらかじめ現地の人に確認をしておくとよいでしょう。

さまざまな点においてアメリカと日本には違いがあると言えます。